読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけぼーの備忘録

暇を持て余した人間の無意味なブログ

Wordpressとブログサービスの違いを書いてみた

Mac Keyboard
こんにちは、たけぼーです。
今回は、ブログをする際に、またホームページを作るときによく聞くWordpressが、アメブロのようなブログサービスとどう違うのか、をテーマに進めていきます。

読んでほしい人

ブログサービスを使っていて、(デザイン的な意味で)もっと自分の思うようにブログを作りたい、ブログもしたいけど、よく見る普通のホームページのようなものを作りたい!なんて方を想定しています。

特に、お店をやっている方、なにか事業をしている方は、ブログだけでは物足りない、もっと店舗紹介なんかのページもほしい、とお考えのことだと思います。

ちょっとでもそんな方の手助けになれば、と思い、今回はこのテーマを選びました。

ですから、ネットに詳しくない方を想定して、できるだけ技術的な話はせずに行きたいと思います。

では、参りましょう。

Wordpressって?

wordpress speed

まずは、Wordpressというものが何なのかから。まずは、みんな大好きWikipediaから。

WordPress - Wikipedia

おそらく、なんのこっちゃチンプンカンプンという方がいらっしゃると思います。私が最初みたときも、いったい何なのか分かりませんでした。
ですので、噛み砕いて書こうと思います。

Wordpressはファイルのかたまり

Wordpressというのは、ブログを書くためのものです。おそらくここまではみなさんご存じのはず。

Wordpressは、すごい人たちがブログを書く人のために作り上げた、プログラムをセットにしたものです。
ん?どういうこと?ってなった人いませんか??
ここがブログサービスと違う最大のポイントです。

ブログサービスの特徴

ブログサービスは、会員登録してスタートする、サービスです。ブログをする場所や仕組みを提供してくれるもので、使う人はただブログを書くという作業のみすればよいので、ネットに詳しくない人も簡単に使えます。

技術的なあれこれ

HTML
ここで、少し技術的な話を一つ。
本来、Web上にホームページ(ブログもその一種)を作るためには、サーバーという機械(Web用に作られたコンピューター)と、ホームページの元となるHTMLファイル(太文字や斜体などを専用の形式で記入したテキストファイル)が必ず必要です。よく見られるきれいなホームページにはほかにも、CSSJavascriptなどを駆使して、どのような機能を付けるかを記入したファイルが使われています。専門用語は知らなくても大丈夫ですが、本来はホームページを作る、ということは、少し専門的な知識が必要なものなのです。
もしかすると、学校の情報の授業で、ホームページを作ろう!的なものがあったかもしれません。

でも、ブログをしてるとき、こんなこと意識したことありますか?おそらくないと思います。
当然です。そんな知識が無くても必ずわかるように作ってくれているのですから。
ブログサービスはそういった知識の無い人でも利用できるように、ブログを書くためのシステムとサーバーを両方用意してくれるサービスなのです。

じゃあ、Wordpressは?

では、話をWordpressに戻しましょう。Wordpressは一体なにもの?となってることだと思います。
Wordpressはブログを書くためのシステムだけを提供してくれます。それも、ブログサービスなんかより高機能のシステムです。
ブログを書くためのシステムをパックにしたもの、これがWordpressの正体です。

みなさんお気づきですか?
ということは、Wordpressを使うためには自分でサーバーを用意しなければなりません。これが最大のポイントです。

サーバーは有料または無料でレンタルすることができますので、これを借りてきてWordpressをそのサーバーにインストールする。
この作業が必ず必要になります。ブログサービスなら会員登録だけなのに、Wordpressはサーバーを借りてインストールという作業が必要となり、事前準備にかなりの手間がかかります。

というわけで、最大の違いポイントは事前準備の大変さでした。

Wordpressの良いところ

これだけ聞くとWordpressは面倒なだけのように感じます。でも、世界中で使われているからには、やはり素晴らしいメリットがあるわけです。
これが、2つめの違いとなります。

それは、ブログ以外のホームページも簡単に作れることです。

Wordpressでホームページをつくる

まずは、こちらをご覧ください。

ここで紹介されてるページすべてがWordpressでできています。でも、例えばクックパッド株式会社のページなんかは、ブログじゃないですよね?
クックパッド株式会社

つまり、Wordpressはブログじゃないページすら簡単に作れるんです!
これがブログサービスとの違いです。

ブログサービスだと、筆者のページとかメインページなんかを作ることはできますけど、ブログの中の1ページのようなレイアウトですよね。

もし、お店のホームページを作りたいなら、さっきWordpressの例で紹介したようなもののほうが、相手に情報を伝えやすいと思いませんか?

ですから、Wordpressはビジネス用途としてもかなり使用されています。

これが、Wordpressとブログサービスとの2つ目の違いです。

Wordpressの細かな良いところ

他にも、Wordpressにはテーマという機能があり、簡単にサイトデザインを返ることができます。種類もかなり豊富で、多すぎて決められない!なんてことにもなるぐらいです。

また、プラグインというものを使えば、Wordpressに機能を追加することも簡単にできます。
例えば、掲示板機能を付ける、といった自分で作るのは難しいような機能が、サクッと実装できます。

ほかにも、違いはたくさんありますが、大きな違いはこのぐらいだと思います。

まとめ

すべてまとめると、Wordpressとブログサービスの違いは、

  • ブログサービスは会員登録だけで始められるけど、Wordpressはサーバーとか色々準備しなきゃいけない
  • ブログサービスにはできないような、ビジネス用途のホームページだって作れる
  • デザインを変えたり機能を付け加えることが簡単

ということになります。

最後に

いかがだったでしょうか。下手な文章ですが、わかりやすく書いたつもりなのですが…

最後に、Wordpressのこと書いてるくせにはてなブログ使ってるじゃん!とお思いの方もいらっしゃると思います。
ごもっともです。
私はWordpressのサイトを持ちつつ、はてなブログをやっています。
それは、はてなブログには他のブロガーとのつながりが持ちやすいからです。
これは、自分でホームページを開いてやるより、ずっとやりやすいです。

詳しくはこちらに書いてます。

ということでは、私はどっちを使う道を選びました。

みなさんは、どちらを選びますか??

ということで、今回はここまで。
ではまた。