読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけぼーの備忘録

暇を持て余した人間の無意味なブログ

無料のレンタルサーバーを作ってみる

こんにちは、たけぼーです。

今回はなんと、無料のレンタルサーバーサービスを作ってみようと思います!

完全に試験的なものなので、実用的かは分かりませんが、やってみようと思います。

 

とはいっても私お金がありませんので、自前でサーバーを建てるような余裕はございません。

 

いやいや、それじゃだめじゃん。なに言ってるの馬鹿なの?

 

そうなんですよ、普通ならお金をかけないと不可能ですよね。

 

しかし!

 

この世には素晴らしいサービスが存在します。

それは、レンタルサーバー再販サービスです。

 

ん?どういうことですか?なにを言ってるんですか?

 

という声が聞こえそうですが、この再販サービスを使えば、無料でレンタルサーバーが構築できます。

では、今回はその仕組みを紹介しましょう。

 

再販とは

再販って、なんでしょうか?

文字通りこれは、再び販売することで、英語ではresellといいます。

では、レンタルサーバーの再販とはどういうものなのでしょうか?

レンタルサーバーの再販とは、レンタルサーバーを再びレンタルする、ということです。

 

では、具体的なシステムを見てみましょう。

大元となるレンタルサーバー会社は、私のような再販者に対して、レンタルサーバーを貸してくれます。ここまでは、普通のレンタルサーバーと同じですね。

 

しかし、ここからが一味違います。

ここからは、再販用の契約をresellerプランと表現することにします。

レンタルサーバーのresellerプランでは、この借りたレンタルサーバーをさらに細かく分割して、他の人に貸すシステムまで提供してくれます。

 

分かりやすくするために、図で描いてみました。

f:id:takebo_blog:20170415110511j:plain

要するに、レンタルサーバーのサービスを始めるにはサーバーが必ず必要なわけで、それを貸してくれるのがresellerプランなわけです。

 

無料のresellerプランなんてあるの?

ここで疑問が浮かぶでしょう。

 

不特定多数にレンタルサーバーを貸すのに、それ用のサーバーを無料で貸してくれるところなんであるの?

 

そうですよね。レンタルサーバーのサービスを始められるので私にはメリットがありますが、サーバーを貸す側としてはメリットが薄い気がします。

 

しかし!この世には無料のresellerプランの存在するサービスがあります。

 

その名も、byethost

 

このbyethostは、レンタルサーバーサービスを展開する海外企業です。この企業は、無料でresellerプランを提供してくれる太っ腹で有名(?)です。普通のいわゆるレンタルサーバー事業もやっているので、よかったら試してみてください。

 

実は、byethostの再販系レンタルサーバーはとてもたくさんあります。

byethost系のレンタルサーバーをまとめたものがありました。しかし、これはほんの一部で、海外のレンタルサーバーの半数以上はbyethostの再販だと思われます。

 

byethostのresellerプランの特徴は、

  • 無料でサーバーのレンタルサービスが作れる
  • google等のadを入れることで収入を得ることができる
  • ユーザー数は無制限で、貸し出すサーバーの容量などは自分で決めることができる

といったところでしょう。無料で使えて、さらに広告収入を狙える、なんてすごすぎです。

何で無料なの?

ではなぜ無料なのでしょうか。

byethostのホームページを読む限り、byethost側の利益がなかなか見つからない。

はっきりと書かれてもいませんし。

でも、メリットのない奉仕活動のようなことをするとは思えません。

そこで、よく読むとひとつの予測が立ちました。それは、有料プランへの勧誘活動の可能性です。

 

よく見ると、resellerプランで提供された無料サーバーの契約者がbyethostのレンタルサーバー有料プランに加入すれば、resellerに対して報酬が支払われるようです。

つまり、この無料resellerプランは大きな新規顧客獲得事業の一環だと思われます。

なるほど、そう考えると無料でもつじつまが合う気がします。

 

ということで、詐欺まがいの恐ろしいサービスではないようですね。

 

まとめ

今回byethostのresellerプランを使えば、無料でレンタルサーバー事業を開始できそうです。

海外では実際に再販を利用するところが多くあることを考えれば、比較的安全なようにも思えます。

 

ということで、今回は再販サービスについてまとめました。おそらくあまり役に立たないと思います(笑)

ではまた。