読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけぼーの備忘録

暇を持て余した人間の無意味なブログ

金盾という中国の壁 ~中国のネット検閲事情~

China

どうも、お久しぶりです。たけぼーです。

 

最近ニュースで、中国のネット検閲がらみの記事を見かけました。

 

この記事を見て、中国のネット事情に興味を持ったので、少し書こうかなと思います。

 

金盾とは

中国には、金盾という(英語名はグレードファイアウォール)検閲システムがあります。中国国内では、ネットでの情報が厳しく統制されており、国外の一部のホームページはこのグレードファイアウォールによって遮断されています。ですので、googleTwitter、LINEなどの日本でおなじみのサービスは、向こうでは使えません。ご存じでしたか?

金盾 - Wikipedia

 

この、グレードファイアウォールは、中国国内のすべての通信を監視しているようで、通信先が規制されたIPではないか、規制対象が含まれたデータが送信されていないかを、いくつもの仕組みで検査しているようです。なんか、すごい国ですね。

 

ここではそれがいいとか悪いとかそんな話はしませんよ。なんか怖いし(笑)

 

でも、中国の人たちは検閲の中でどんなネットライフを送っているのかなー、と思いましたので、調べてみました。

特に自分なんかは、Google大先生に頼りっぱなしですから、これがない生活ってどんなのかな?と思いました。

 

中国でよく使われるサービス

中国には、Googleはないもののそれに似た検索サービスがあるようです。

例えば、日本でも文字入力ソフトを出して少し話題になった、Baiduや、動画共有サービスのYoukuなど、日本にあるサービスと同等のものがたーくさんあります。ですから、基本的には困ることはないようです。すごいですねー。

でも、検閲なしでネットを見たい、というニーズはあるようで、特に在中外国人はそれを望んでいるようです。

しかし、検閲をかいくぐるのは至難の業のようで、一般人にはむずかしいようですね。

 

それでも、検閲をかいくぐる(壁越えというらしい)方法があるそうです。それはVPNという仕組みを使って通信を行う方法です。

 

VPNという勇者

みなさん、VPNってご存じですか?

ネットに詳しい方や、会社でお使いの方もいらっしゃると思いますが、ほとんどの方は知らないのではないか?と思います。

 

VPNというのは、簡単にいえば一種の暗号化システムです。普通、データは暗号化されずに送ったり、してから送ったりとまちまちなのですが、VPNはどのデータも暗号化してから送信することで、通信途中で誰にも中身を知られないようにすることができます。

ですから、自分から相手に届くまで安全に通信できるわけです。

 

この仕組みを利用すると、通信途中にある中国のグレードファイアウォールで、中身を見られることはなく、検閲されずに通信できるそうです。しかし、中国当局側もその仕組みを当然知っているようで、あの手この手で遮断しようとしているようです。例えば、データを暗号化してもそのまま残っている宛先のIP情報から遮断する、とか、通信しているポート番号で遮断するとか、詳しくはあまりわかりませんでしたが、がんばって検閲使用としているそうです。

 

ですから、単純なVPNを提供する事業者は、検閲でブロックされているようで、独自に対策を行う事業者のみが、検閲なしで生き残っているそうです。

 

ついに中国がVPNに本気出した

しかし、冒頭にもリンクを貼ったように、ついに中国当局が本格的にVPNを統制し始めたようです。

これによると、VPNというシステムを許可制にし、これにより未認可のサービスは取り締まられるようです。

それにより、中国国内からの通信はさらに厳しく統制されるそうです。ほんと大変ですね。

 

ということで、今回は中国のネット検閲を取り上げてみました。私も中国に行くときは、注意しなきゃなー、と思いました。

 

ではまた。